株式会社フルネス

顧客事例:株式会社COEL(旧:株式会社ITCS)様「ここなら安心して任せられる」

<受講者の声>
研修は、4,5月にJava、6月にインフラ、7月に再度Javaでリファクタリング・デバッグコースの4ヶ月間のカリキュラムに参加しました。
途中6月にインフラを挟みましたが、7月にはJavaの補講もあり、これによりJavaに関する知識がより深く定着しました。

新しい知識をインプットすることは大変でしたが、日々できるようになることも増え、研修中に取り組む確認テストでは、いい復習の機会となり知識の定着に役立ちました。
最初の2ヶ月は長く感じましたが、今では「あっという間に終わった」と感じています。

6月には新たに他社の方も参加され、新鮮な気持ちで受講できました。
他社の方と同じグループになった際にはたくさん交流し、経験者の方から助けてもらえたことは良かったです。

オンラインでの参加だったため、チームで1つのものを作成する際、今どういう状況かを伝えることが難しかったのですが、写真を撮って状況を伝えることなどの工夫で、徐々に説明力がついたと思います。対面での研修では得られなかった状況説明力が身についた点は、オンライン参加で良かったと思っています。

研修終了後の社内研修では、先輩方に時間を割いていただいて見てもらっていますので、今後恩返しができるように頑張りたいです。1つ上の先輩方がプログラムを変更したり、設計書を作成されている姿を見て、先輩方のように自立した仕事ができるよう、今の業務を励んでいきます。


<人事担当者の声>
新入社員だけではなく、全社的に人材育成を強化する方針で、さまざまな取り組みを積極的に重ねています。一番大切な、企業理念、価値観を、全員が理解して目指すべき方向性を合わせていくために、社長自ら参加する勉強会を設けています。

また頑張っている方を表彰する機会を作っており、そこでは成果だけでなく、プロセスをしっかり踏んでいる方も評価する場となっています。能力も大事ですが、人物を特に重視して採用活動をおこなっており、過去5年間の新卒者で退職者は0人です。

フルネスに任せる前は新入社員研修をどうするか迷っていました。
過去、研修の方針が厳しい会社に任せており、新入社員が泣いてしまうこともありましたが、そんななかフルネスに出会い、「ここなら安心して任せられる」と感じました。

2年前は2ヶ月間のコースに参加していましたが、昨年は3ヶ月間、今年は4ヶ月間のコースに参加し、年々研修プログラムを充実させています。

今年から参加した6月のインフラ基礎コースでは、昨年入社の先輩が成果発表会を見学し、「こんなことまでやっているんだ」「フルネスは研修をしっかりやってくれている」という嬉しい言葉もありました。

フルネスの新入社員研修には安心感があり、今後も新入社員の採用を増やしていこうと考えています。
===
株式会社COEL(旧:株式会社ITCS)
https://coel-inc.jp/
創立
1995年10月
代表者
代表取締役社長 深見 和久
資本金
100百万円
本社所在地
〒451-6027 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー27階
事業内容
◆プロダクトサービス事業
Manageクラウドの企画・開発・サポート
◆クラウドインテグレーション事業
1. ワークフローソリューション(ManageOZO3)
2. 管理会計ソリューション(ManageOZO3)
3. ERPソリューション(奉行シリーズ他)
4. データ連携ソリューション(ManageLINK)
5. クラウドアプリ構築ソリューション(Salesforce・kintone)
===

What do you think of this post?
  • いいね (7)
topへ