‘フローチャート’ タグのついている投稿

アルゴリズムとデータ構造研修

2011年7月27日 水曜日

コースジャンル

ITリテラシー

概要

探索、ソート、集計といった主要なアルゴリズムと配列、リスト、スタックといった主要なデータ構造について、疑似言語やフローチャートを用いて学習します。
加えて、簡単なサンプルプログラミングを行ない、動作を確認していきます。

目的

・文字列照合、比較、最短経路問題、線形探索、二分探索などの探索アルゴリズムを理解する。
・バブルソート、クイックソート、ヒープソートなどのソートアルゴリズムを理解する。
・集計、文字列圧縮などの主要アルゴリズムの方式や考え方を理解する。
・変数、配列、キュー、スタック、リストなどの主要なデータ構造の仕組みを理解し、利用方法を習得する。
・疑似言語やフローチャートの記述や読み方を修得し、簡単な処理フローを記述できるようにする。
・疑似言語やフローチャートで記述されたアルゴリズムとデータ構造をプログラミング言語で表現できるようにする。

対象者

・これからコンピュータの学習を始める方。

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

3日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.アルゴリズムとデータ構造の基本
-アルゴリズムとは
-アルゴリズムの読解とプログラミング
2.アルゴリズムを考えてみよう
-Scratchソフトでアルゴリズム
-アルゴリズムの動作確認
3.探索アルゴリズム
-線形探索
-二分探索
4.データ構造
-変数、配列、木構造、リスト
-キュー、スタック
5.ソートアルゴリズム
-バブルソート、マージソート、クイックソート
-グラフを用いた最短経路問題(ダイクストラ法)
6.文字列照合、数値集計アルゴリズム
-文字列チェック、集計計算
-文字列圧縮(ランレングス法)
7.各種アルゴリズム
-振り分け
-突き合わせ処理
-複雑なアルゴリズムの読解とプログラミング

プログラミング技術基礎研修

2011年7月26日 火曜日

コースジャンル

プログラミング

概要

プログラミングの基本となる知識を習得することを目的とし、実習によるプログラミングを通じて、プログラムの動作の基本を身に付けていただきます。
特に構造化プログラミングや関数呼出しについて確認します。
また、システム開発の各工程でどのようなことを行うのか、またチーム開発の重要性なども理解していただきます。

目的

・プログラミングの基礎となる知識を習得する。
・フローチャートの記述や変数関数の操作ができるようにする。
・プログラムのコンパイルと実行の仕組みを理解する。
・構造化プログラミングとモジュール化について理解する。
・システム開発の各工程の役割を理解する。

対象者

これからコンピュータの学習を始める方。

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

2日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.プログラムとは何か
-プログラムとプログラミング
2.プログラムが動作する仕組み
-プログラムって誰が動かしているの
-プログラムの実体
-プログラムの作り方と実行
-リンケージ
3.プログラミング言語
-プログラミング言語とは
-ネイティブコード変換方式による分類
4.プログラムを構成する要素
-変数、変数の宣言と名前、データ型、配列
-演算子、代入演算子、比較演算子、論理演算子
-条件分岐と繰り返し
-式とステートメント
-メインルーチンとサブルーチン
-関数、引数、戻り値
-フローチャート
5.プログラムの開発手順
-開発手順とは
-ソフトウェア構成管理
6.開発プロセス
-開発プロセスの各フェーズ
-要求定義、分析設計、テスト仕様設計、実装、テスト
7.チーム開発
-なぜチーム開発か
-なぜドキュメントが必要か
-見積りとスケジューリング
-プロジェクトの進行とホウレンソウ