【徹底比較】どこを選ぶ?2018年度新入社員研修オープン講座

新人研修オープン講座2018を募集しているIT研修企業をまとめてみました。
各社それぞれ特徴がありますので、参考にしてみてください。
大事な新入社員を育成するために、複数の研修会社を比較して特徴を確認してみるのも良い手かもしれませんね。

どうやって探したか?

こんなキーワードを入れてみて検索をしてみました。
・2018 新人研修 オープン講座
・2018年度 Java オープン
・新人研修 オープン講座
・2018 IT オープン 東京
etc

どういう特徴があるか?

各社特徴があり、人事教育ご担当者様は頭を悩ませていらっしゃるかと思います。
IT企業様からお話しを伺った結果、下記のような項目で選んでいる様子です。

・大人数 or 少人数
・金額(コスト)
・助成金サポート
・講師の質
・研修会社のバックボーン(ITスクール系 or IT研修会社 or システム会社の研修部門)
・教材
・場所
etc

自社にあった研修会社選び

これは間違いなく研修開催企業を複数社を呼んで聞いた方が良いですね。
各社のセールストークが特徴とも言えるので、2~3社は比較することをオススメします。

2018年度新入社員研修オープン講座を開催している企業

都内を中心に展開されているオープン講座を開催されている研修会社をピックアップしました。
特徴も含めご紹介いたします。

株式会社アイクラウド

1社ごとにカリキュラムを構築し、知識とスキルの両面を身につけるための研修を受講することができます。
また、研修生の日報や状況レポートによって、研修効果を確認することもできます。

株式会社アイティ・アシスト

現役のエンジニアやコンサルタントが講師を務めており、最新の技術やビジネス動向を交えた講義を受講することができます。
また、実際に使用しているデータを使用して研修を行うこともできるので、現場に必要な実践的スキルの習得に役立ちます。

株式会社インソース

研修に実習やテストを多く取り入れることで、試験対策だけでは身につかない、現場に必要なテクニックやスキルの習得を学ぶことができます。
チームでの開発実習なので、メンバーとのコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなども身につく研修を実施しています。

株式会社ウチダ人材開発センタ

いつでも確認できる日報システムや単元ごとの成果発表会を通じて、一人ひとりの研修効果をチェックできる体制が整っています。
また、受講態度やテスト結果をまとめた研修報告書を通じて、研修の具体的な結果を担当者から直接聞くことができます。

株式会社エスアイイー

1クラス15名までの少人数制の授業で、密度の濃い研修を提供しています。
また、講師が常駐する自習スペースを利用することもできるので、受講生のやる気を最大限に活かすことができます。

株式会社クレアコム

技術力だけでなく、ビジネススキルにも強い「トータルスキルエンジニア」の育成を目指した研修を行っています。
読解力やロジカルシンキングの向上にもつながる総合的な研修を受けることができます。

株式会社クロノス

オンラインによる入社前研修や、配属後のメンタルサポートなど、研修前後のサポートにも力を入れています。
また、今年度からはAIを活用した受講生評価レポートの提供を開始するなど、新たな取り組みにもチャレンジしているとのことです。

株式会社システムシェアード

業界に最適なカリキュラムに基づく研修を提供しており、常に最新の情報を使って受講することができます。
また、復習用の動画や評価レポートなどのオンラインサービスも充実しており、受講者を多角的にサポートする体制が整っています。

シーティーシー・テクノロジー株式会社

日報や添削サービスを活用しながら、目標達成に向けて自分で考えて動ける「自律型人材」の育成を目標とした研修を展開しています。
研修の学習フローをより効果的に工夫することで、エンジニアとして必要なスキルの習得を望むことができます。

トレノケート株式会社

「自ら考え、行動する」姿勢を身につけるための研修を提供しており、エンジニアとして自立した人材を育成することができます。
各研修にはビジネス研修も含まれているので、ビジネスパーソンとしての基礎学習にも役立ちます。

株式会社日本ライセンスバンク

厳しい採用基準で選抜された経験豊富な講師陣のもと、4~18名の少人数クラスによる質の高い研修を受講することができます。
動画講座による研修サポートや、未経験者への理解しやすさを意識したオリジナルテキストなども提供して頂けます。

ピーシーアシスト株式会社

全国各地に研修教室があり、日程予約も様々なスタイルから選べるので、1名からでも気軽に個人レッスンを受講することができます。
また、受講生の受講レポートが毎日提出されるので、受講生の強みを知るために役立てることができそうです。

株式会社FusionOne

手を動かすことに主眼を置いた研修を通じ、多くの「実務レベルのアプリ」を作成していくため、現場で通用するプログラミングスキルを身につけることができます。
受講者の理解度に合わせた様々な指導形式で指導してもらえるので、受講者のポテンシャルを最大限引き出すことができる研修となっています。

株式会社フルネス

最大130名の受け入れが可。永田町、中野、新横浜で開催。Java、C#、インフラとコース充実。オープン講座10年目の信頼と実績。
「Web研修総合管理システム」で受講者様の日報をインターネット上で確認、コメントすることができます。
また理解度テスト・評価レポートを実施し、研修の効果やテスト成績を把握することができるため研修後もスキルアップに役立てることが可能です。

終わりに

入社1ヶ月の私ですが、調べてみるとIT研修の種類の豊富さに驚かされました。
また、各社が提供されている研修の特徴もさまざまだということが分かったので、
研修会社での新入社員研修を検討する際には、充分に情報収集を行うことが重要だと感じました。
本記事が、新人研修オープン講座を検討されている多くの人事・教育担当者様の
お手間を省くことに少しでも貢献できれば幸いです。

<編集:F.S>