株式会社フルネス

【Fulldass】新入社員研修オープン講座Javaコース発表会レポート

フルネスオープン講座”fulldass”は社会人基礎力と開発現場力の両面を備えた人材を育成する目的で12年目の開催となりました。
この度は2021年度フルネスオープン講座 インフラクラス5月成果発表会を簡単にまとめてみました。
オープン講座事務局のよりお届けいたします。

研修の特徴は?

下記3点を軸に研修運営をおこなっております
・基礎知識と基礎技術を身に付け、開発プロセスごとに体験を通じて実践力・思考力・コミュニケーション能力を鍛える
・座学よりも演習を多く盛り込み、演習を通じて開発・構築で困らない・現場に出てもすぐに手を動かせる技術者の育成をする
・グループ制で進め、個々の役割やコミュニケーション・リーダーシップ体験などを通じ社会人基礎力を築いていく

今までどんなことをやってきたの?

ビジネスマナー・コミュニケーションから始まり、ITの基礎知識をPCを使いながら学ぶ、ハンズオン形式で未経験からでも成長できるコースとなっております。
また、人前で話したり、発表会するということに慣れるため、3分間スピーチを日々おこない、プレゼンテーション能力も少しずつ身につけております。

開発環境はどんな感じ?

開発言語:Java:Open JDK 11
データベース:PostgreSQL 9.5
Webサーバ:Tomcat 9.0
統合開発環境:Eclipse 4.14

発表会で参加した人数は?

発表会当日は30人ほどの企業担当者が発表会をご覧になっておりました。

どんなことを発表したの?

チームを組んでから1週間弱、システム開発を行い、社員情報管理システム、もしくは書籍管理システムのいずれかを選択した演習となっております。
提供された内容だけでなく、ユーザビリティや、追加機能などをそれぞれのグループで考えながらグループ毎に工夫を凝らし、発表会に臨んでおりました。

発表会の雰囲気は?


事務局としての感想

早く作業が終わった人が他の人の作業を手伝うことにより相互理解を深めたり、空いた時間を用いて各自の担当した箇所のレビューをすることによりお互いの実装内容の把握・改善点を見つけるなど、チーム内でのコミュニケーションを密にとりながら進めているようでした。
2か月のこの研修を経て、現場に出た際にも基礎を忘れず羽ばたいていっていただけると事務局としてもとても嬉しいです。

  • いいね (2)
topへ