‘社員教育’ タグのついている投稿

プレゼンテーション研修

2012年5月1日 火曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

・他者を理解するための「傾聴力」や、「質問力」を習得します。
ケーススタディを交えながら、実践的に研修致します。

目的

・プレゼンテーションの基礎を身につける
・傾聴力から質問力まで総合的なスキルを身につける

対象者

・プレゼンテーションの基礎スキルを学びたい方

テキスト

市販テキスト+ワークブック

基本日数

0.5~1日 ※カスタマイズは可能です

カリキュラム

1.コミュニケーションの基本
・良いコミュニケーションを取るための心構え
・良いコミュニケーションのポイント
・コミュニケーションの注意点について

2.「きく」ということの意味
・心地いいリスニングについて
・「聞く」「聴く」「訊く」3つのスキル

3.「傾聴力」のポイント(聴くスキル)
・「聴く」スキルとは?
・相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
・演習

4.「質問力」のポイント(「訊く」スキル)
・「訊く」スキルとは?
・「訊き方」の種類
・演習

5.「言いたいこと」をわかりやすく伝える
・わかりやすく伝えるとは
・話の前に「人」と「人」との触れ合いがあるとはどんなことか?
・説明で重視すべきこと
・なぜ、相手の気持ちになって話すのか
・姿勢・態度・表情のポイント
・説明の締めくくり方について

6.1日の総合演習

ビジネスマナー研修

2011年8月11日 木曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

あいさつの仕方、名刺交換の仕方などを通して基本的なビジネスマナーを習得する。
相手から好感のもてるビジネスパーソンとして活躍していくための手法を体験する。

目的

・ビジネスマナーの基本を習得する
・社内、社外で必要な人間関係を円滑にする方法、好印象・信頼感を与えるための好感度の高い第一印象など具体的な方法を学ぶ
・学生と社会人の違いを認識し、ビジネスパーソンとしての自覚と働くプロの意識を高める

対象者

・新入社員
・就職内定者
・中途採用者

テキスト

弊社オリジナルテキスト

講師

市原郷子

基本日数

1日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.社会人としての基本マナー
2.職場での基本マナー
3.自己啓発の基本
4.ことばつかいのマナー
5.来客応対のマナー
6.外出、訪問先のマナー
7.名刺交換のマナー
8.まとめ、振り返り

コーチング研修

2011年8月11日 木曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

今、マネジメントに必要な能力。それは、企業や組織のアイデアや計画を実現させる能力、また一人ひとりに備わっている強みや発想力を引き出すスキルです。
マネジメントやプライベートに不可欠なコミュニケーションスキル、”コーチング”を実践的かつ効果的に習得するプログラムです。
受講者参加型ですぐに実践できる内容を体験します。

目的

・指示命令型の部下指導から脱皮し、個人の潜在的な能力を最大限に引き出すコーチングの考え方を理解する
・部下・後輩の自発的な行動を促進し、リードしていくためのコーチングのセンスとスキルを習得する
・演習体験を通し、人間行動の観察力・洞察力のスキルアップを図る
・対人コミュニケーションの観点から自己を洞察し、部下・後輩のコーチングに動機付ける

対象者

・社会人経験社2年~3年
・次期リーダー
・管理職(リーダー、マネージャーなど)

テキスト

弊社オリジナルテキスト

講師

市原郷子

基本日数

1日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.イントロダクション
2.コーチングの基礎理論
3.傾聴
4.質問
5.承認
6.コーチングフロー
7.まとめ、振り返り

キャリアデザイン研修(自己実現と会社提言)

2011年8月11日 木曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

「会社の未来は、社員一人一人がそれぞれの求められる役割の中で、能力を発揮しながら創造していくものである」という意識を持つ、キャリア・デザインと共に帰属意識を再認識する機会を作る研修となります。

目的

・受講者は会社創りの一員であることを認識させる。(*最重点目標)
・望ましい未来の会社像を提案すること通して、自らの将来役割とその役割を担うために何が必要かを明確にする。
・今後1年間、将来役割達成のための短期目標設定と目標達成のアクションプランを作成する。

対象者

・キャリアデザイン教育が必要な方(入社3~10年目)

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

1~2日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.研修目的の説明
 ―参加者が、会社の考えや想いについて理解する

2.会社の未来を語ろう(5(3)年後のあるべき姿とは)

 ―自社の特徴や競合企業や顧客の特徴を意識しながら、5(3)年後のビジョンを考える。
3.自分の未来を語ろう(5(3)年後のあるべき姿とは)
 ―ビジョン達成の自分にとっての意味と、その時、どのような役割を担い仕事をしているか等を考える。

4.会社の現状を確認する(会社の「今」は未来への「出発点」)
 ―SWOT分析を活用し、ビジョン達成にあたり、自社の現状を分析する。

5.自分の現状を確認する(自分の「今」は未来への「出発点」)
 ―入社から今までをバイオリズムで振り返る。
 ―バイオリズムの高低の理由を考え、職業上の価値観、興味、ヤル気の源を認識する。

6.未来への計画を立てる(キャリア・プランを作ろう)
 ―5年後の会社ビジョン達成のために、自分の未来ビジョンを4・5の作業を参考に再考する。
 ―未来役割(PMかSE等)の達成・成長プランを考える。
 ―不足する経験・知識・スキル・資格等を、いつ、どのように獲得するか、キャリア・プランを作成する。

7.会社と自分の未来を発表(未来ビジョン発表会)
 ―5(3)年後の会社のあるべき姿を提案し、参加者自らが担うべき将来役割と、キャリア・プランを発表。
 ―発表後、今後1年間、何をしていくのかを全員に約束させる。

モチベーションマネジメント研修

2011年7月27日 水曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

IT業界では、日々の業務に追われてモチベーションの低下した社員が増えていると言われています。どのように部下やプロジェクトメンバーのモチベーションを上げていくかが重要になっています。モチベーションを上げるための実践的なノウハウを身に付けていただきます。

目的

・モチベーションマネジメントの考え方を理解する。
・チームのモチベーションを上げることを考える。
・部下とどう向き合うかを考える。
・アクションプランの作成を体験する。

対象者

・モチベーションマネジメントの実践ノウハウを習得されたい方。

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

1日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.モチベーションとは
-自己分析
2.モチベーションマネジメント
-やる気のメカニズム
-個人と組織の考え方の違い
-担当者と管理者の見え方
-成功と失敗はどこが違うのか?
3.チームの「モチベーション」の明確化
-モチベーションを上げる要素は?
-チーム内の共通意識化
-管理者の視点で捉える
4.部下とどう向き合うか
-モチベーションブレーカー
-モチベーションマネジメント(ロールプレイ)
5.アクションプラン作成
-これからの行動計画とモチベーション(グループワーク)
-振り返りとまとめ

ロジカルシンキング研修

2011年7月27日 水曜日

コースジャンル

ヒューマンスキル

概要

本コースでは、ロジカルシンキングの基本的手法を学習します。
私たちは誰でもロジカルシンキングを使っているのですが、無意識に利用しているため「自分にはできないものだ」と思い込んでいる方が多いようです。ビジネス上でロジカルシンキングを意識的に使えるようにするために、基本的手法を体系的に学びます。

目的

・ロジカルシンキングの考え方を理解する。
・実際の仕事に使えるロジカルシンキングのスキルを身に付ける

対象者

・ロジカルシンキングに興味がある方。

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

1日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.ロジカルシンキングとは
2.ビジネスでロジカルシンキングがどのように活用できるか
3.ロジカルシンキングの手法
-比較
-MECE
-パレート図
-特定要因図
-演繹法/帰納法/推論
4.演習
-ワークショップ
5.ロジカルシンキングのポイント

自己管理(時間管理)研修

2011年7月27日 水曜日

コースジャンル

ビジネス

概要

自分が何をすべきか、また優先順位を付けた仕事のやり方が出来ているかなどの基本を再確認していただきます。効率良い仕事の進め方は、企業の生産性や利益率に直結します。

目的

・タイムマネジメントの基本を理解する。
・自己管理の効率化を図る。

対象者

・タイムマネジメントを身に付け、仕事の生産性を高めたい方。

テキスト

弊社オリジナルテキスト

基本日数

1日間 ※カスタマイズは可能です

内容

1.タイムマネジメントとは
2.自己の1週間の仕事を振り返る
3.仕事のタイムマネジメントを考える
4.タイムマネジメントのポイント
5.時間の無駄を減らすコツ
6.仕事の準備と優先順位
7.仕事のリストアップ
8.演習(ワークショップ)