株式会社フルネス

Rustプログラミング入門研修

概要

Rustは最近CやC++に変わる⾔語として注⽬されています。C⾔語と遜⾊ない⾼速動作と⾼メモリ効率を発揮する⼀⽅で、最新のプログラミングパラダイムにより、
リークのないメモリ管理や競合のない並⾏処理を実現しているためです。組込み機器上で実⾏したり他の⾔語との調和も簡単にできます。
この講座ではハンズオンによりRust⾔語の基礎をマスターできます。

目的

・Rustの特徴を理解する
・Rustの開発環境と構築を知る
・Rustの基本⽂法をマスターする

対象者

・必須ではありませんが、プログラミング経験のある方が望ましい

内容

1. Rustの特徴
 1.1 Rustの誕⽣
 1.2 Rustの特徴
 1.3 Rustのインストール
 1.4 Rust開発ツール

2. はじめの⼀歩
 2.1 Hello World
 2.2 cargoコマンド
 2.3 Hello Worldを⾒直す

3. 基本⽂法
 3.1 コメント
 3.2 変数
 3.3データ型
 3.4 演算⼦

4. 制御⽂
 4.1 ⽐較演算⼦、論理演算⼦
 4.2 if⽂
 4.3 pass⽂
 4.4 while⽂
 4.5 for⽂
 4.6 breakとcontinue

5. 関数
 5.1 関数の作成
 5.2 可変⻑引数
 5.3 デコレータ

6. 所有権
 6.1 所有権システム
 6.2 所有権の移動
 6.3 借⽤

7. 構造体
 7.1 構造体
 7.2 メソッド

8. Enum
 8.1 Enum
 8.2 Option型
 8.3 パターンマッチ
 8.4 Result型
 8.5 エラー処理

9. コレクション
 9.1 ベクター型
 9.2 ⽂字列
 9.3 ハッシュマップ

10. ⼊出⼒
 10.1 コマンドライン引数
 10.2 環境変数
 10.3 標準⼊出⼒
 10.4 ファイル⼊出⼒

11. モジュール
 11.1 モジュールとは
 11.2 モジュールとファイル分割
 11.3 use⽂
 11.4 Cargoが特別扱いするファイル

12. ジェネリック
 12.1 ジェネリックとは
 12.2 ジェネリックな構造体

13. トレイト
 13.1 トレイトは
 13.2 デフォルト実装
 13.3 トレイト境界

14.ライフタイム
 14.1 ライフタイムとは
 14.2 staticライフタイム

15. オブジェクト指向の機能
 15.1 Rustのオブジェクト指向の考えか
 15.2 トレイトの継承

16. 関数型⾔語の機能
 16.1 クロージャ
 16.2 簡単なクロージャ
 16.3 クロージャを引数とする関数

17. テスト機能
 17.1 ユニットテスト
 17.2 テストの書き⽅
 17.3 テスト⽤関数
 17.4 テスト⽤モジュール
 17.5 アサーションマクロ

18. マクロ
 18.1 マクロの種類
 18.2 簡単なマクロ
 18.3 繰り返しを含むマクロ

研修日数

2日間

日時

2022年 1月13日(木)~14日(金)10:00~18:00 :新宿またはオンライン

場所

●オンライン
Zoomによるオンラインのため、ネットワーク環境があればどこでも受講を頂けます。
※PCのご用意が難しい場合はご相談ください

●新宿会場
東京都新宿区新宿2-19-12 静銀新宿ビル4F(新宿三丁目C7出口から3分)

講師

フルネス講師

テキスト

オリジナルテキスト

費用

55,000円(税込)/お一人様

一社研修をご希望のお客様

一社研修(講師派遣)をご希望の企業様はお気軽にお問い合わせください。
内容、時期、ご予算などお伺いしご提案いたします。

オープン講座キャンセルポリシー(必ず御一読下さい)

弊社オープン講座のお申し込みの取り消しに関しまして、以下のキャンセルポリシーが発生します。
必ず事前にご確認をお願いいたします。
なお、お申し込みの際は弊社オープン講座のキャンセルポリシーに同意したこととさせて頂きます。

(1)申込オープン講座開催日の10営業日前までは、無料
(2)申込オープン講座開催の9営業日前から6営業日前までは、研修料金の50%
(3)申込オープン講座開催の5営業日前から研修当日は、研修料金の全額

特記事項
・欠席された場合には、研修費用の全額をご請求させていただきます。
・弊社都合で開催を中止または延期する事由が発生した場合には、お客様へのご請求は発生しません。

  • いいね (0)
topへ